スマートフォンを使って資産運用する方法なら

スマートフォンで賢い資産運用を実現しましょう!

 

スマートフォンで賢い資産運用を実現しましょう!

 

資産運用は、これからの老後資産の形成にもっとも大事なスキルの1つとなります。10年後は70歳からの支給となると言われている年金資産だけでは老後の生活を生きていくことは不可能です。

 

日本の就労人口の90%以上はサラリーマンです。これからのサラリーマンは、日本の高度成長期のような急激な賃金上昇カーブを歩むことはありえません。

 

高度経済成長期に最も賃金が上昇したのは、1965年から1975年の10年間ですが、この10年間の間に日本人の所得はじつに5倍もの大きな変化をとげています。

 

この高度成長期には、朝鮮戦争特需やベトナム戦争特需のような大きな特需があったことも忘れてはいけません。

 

もう、この奇跡のような高度成長というのが、2度、望めなくなってしまった現代の日本人は、資産運用に目覚めなければ、自分の親世代の人たちのような土地、財産を持つことは不可能なのです。

 

スマートフォンによる賢い資産運用こそ最も現代の日本人サラリーマンに適した運用形態です

 

株や為替などを取り扱ったデイトレードなどの手法が大流行です。しかし、このようなバクチの要素が強い資産運用のやり方では、安定的かつ確実に資産を大きくしていくことはできません。

 

デイトレードのような手法で、痛い目を見て、自己破産に追いこまれた投資家は、数多くいます。短期的な資産の運用手法ではプロで大失敗するケースが多くあるのです。

 

では、素人のサラリーマンが最も賢く資産を増やしていくためには、何が1番に有効な資産運用となるのでしょうか?

 

それは長期投資です。着実に日本の将来に向かってフレキシブルに変化して消費者のためになる商品をたえず作り続けるような優秀な会社に投資することが最も有効な投資となるのです。

 

余計なことを考えずに自分のコアな事業だけに絞りしっかりと投資して、実績を重ねるそんな堅実な大企業に投資することこそ最も賢い資産運用と言えるでしょう。

 

長期投資も時代が変わった?

 

東芝やシャープ、ソニーのように日本を代表する技術力がある会社でも大赤字をいきなり出してしまう時代がきました。これらの銘柄を長期投資と考えて大量保有していた投資家はかなり痛い目を見たと思います。

 

痛い目を見ただけではまだいい方で、これらの銘柄が上場廃止に追いこまれてしまったら投資した資産がすべてゼロになってしまいます。こんなことになってしまったら、老後資産のために投資していた人は人生設計さえも考えなおさなければなりません。

 

こんなことにならないように、時代の変化をよく考えて長期投資は考えるべきなのです。

 

今までは家電製品、つまり日常の必需品がメインで日本の産業は成長してきました。しかし、これからは全く考え方が違います。完全な娯楽産業への転換となります。具体的にどんな会社が成長産業となるかについて、これについてはもうすでに新しい産業として、商品が開発されています。

 

スマホの電子コミックなどが、その最もいい例の1つです。特にすばらしいのが、同人誌と言われているオタク向けの電子コミックです。

 

この同人誌の電子コミックに関しては、近年ものすごい勢いで急成長しています。非常に面白いストーリーで登場するキャラクターたちも魅力的でカリスマ性あるキャラばかりです。注目に値する同人誌の電子コミックのタイトルはたくさんあります。その中でも、まろんまろん作品のような今まででは絶対にありえなかったタイプのすごい作品がすごく売れています。

 

これからは、まろんまろん作品のような作品を制作する会社に長期投資すべきだと思います。

 

・人民元がSDRに入るという意味